HOME > 地域ニュース > 北九州本社の携帯ショップの㈱リードが社債発行

北九州本社の携帯ショップの㈱リードが社債発行


KDDIの一次代理店で携帯電話auショップを福岡・大分・佐賀・熊本に11店舗展開している(株)リード(北九州市小倉北区、佐藤右一郎社長)は、9月26日付で第1回無担保社債(7,000万円)を発行。引き受け先は全額大分銀行で、償還期限は平成33年9月26日。

大分銀行(後藤 富一郎頭取)では、CO2(温室効果ガス)の排出問題等環境分野への取組を行う企業を対象とした「大分銀行 カーボン・オフセットエコ私募債」の引受けを行っている。これは環境に配慮した経営に取り組む企業に対し、取引先の発行する私募債の信用補完の役割を担うことで、従来有担保が原則であった私募債を無担保で発行することが可能となる「銀行保証付私募債」のこと。

発行企業は、固定・低金利で長期安定資金の調達が可能となり、将来の事業計画等も立てやすくなり、また、自社の財務内容の健全性がアピールでき、企業イメージの向上が期待される。

大分銀行が引受の際に発生する社債引受手数料の10%を、同行が購入したCO2排出権取引スキーム「J-クレジット」の購入費に充当することを通じて環境問題への取組・プロジェクトを支援する「カーボン・オフセット機能」を付与している。

◇㈱リード ホームページ http://www.lead-gr.com


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース