HOME > スタッフブログ > Areabiz北九州で平成28年を振り返る

Areabiz北九州で平成28年を振り返る


Areabiz北九州にアップしたニュース、記事をもとに平成28年を振り返ってみた。

ロイヤルホスト勝山公園1月  「小倉大手町のロイヤルホスト閉店へ」

北九州市小倉北区大手町の「ロイヤルホスト勝山公園店」が、1月31日(日)18時をもって閉店する。

勝山公園そばに立地、道路を挟み北九州ソレイユホール(旧 九州厚生年金会館)、近隣には、北九州男女共同参画センタームーブや小倉北区役所等などの施設もあり、小倉の都心に位置するファミリーレストランとして長年に亘り親しまれてきた。

同店舗不動産は東京の企業が所有、一部歩道拡張の収用にかかる。この地域は、近隣が、マンション建設が活発化している地区で、残りの敷地の跡地利用も話題になってきている。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/20836

 

アンサー倶楽部 浅野二丁目土地2月  「小倉興産浅野スタンド跡地、マンション建設へ」

小倉興産東浅野給与所跡地売却の入札が行なわれた。JR小倉駅新幹線口近くという好立地という事もあり、入札には20社を超える応募者があったが、アンサー倶楽部グループ(北九州市小倉北区 三谷俊介社長)が落札した。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/20950

 

 

3月  「ダイワロイネットホテル小倉駅前オープン」

大和ハウス工業グループのダイワロイヤル(東京都)が運営する「ダイワロイネットホテル小倉駅前」が小倉北区魚町1丁目の中央会館跡地に3月24日オープンした。シリーズのホテルは42店舗目となる。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/21211

 

4月 「サンリブきふねオープン」

4月21日、「サンリブきふね」がオープンした。小倉北区貴船町の小倉記念病院跡地に、昨年秋から建設がスタート、サンリブを核とした複合商業施設で、テナントとしてマツモトキヨシ、TSUTAYA、TULLY’S COFFEE、Chateraise(シャトレーゼ)、美容室Plu、洗濯工房吉野屋、保険ひろば、ザ・ダイソー等の店舗が出店している。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/21254

 

5月  「小倉・大手町 徒歩圏内で3つの複合商業施設が・・・」

5月26日、食品スーパーのハローデイの「ハローパーク大手町店」がオープンした。斜め前で営業しているスピナマート大手町を核とした複合商業施設「スピナガーデン大手町」とは、距離にして100メートルも離れていない距離。また、ス ピナガーデン大手町から100メートル程西側にはマックスバリュを核とした複合商業施設があり、徒歩圏内で3つの複合商業施設が競合する。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/21566

 

丸源30 201605266月 「丸源ビル 8、17、28、30等売却へ」

北九州小倉の中心部に十数棟あると言われる丸源ビル・・・。最近になり、そのいくつかが売却されていることが判明した。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/21597

 

7月 「戸畑総合病院が診療開始 院内にタニタ食堂オープン」

医療法人医和基会が運営する基幹病院の牧山中央病院が、戸畑区福柳木に新築移転し、病院名を戸畑総合病院に変更した。

7月19日、戸畑総合病院が診療を開始、2階には「北九州タニタ食堂」もオープンした。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/21828

 

8月 「響灘地区バイオマス専焼火力発電所設置優先交渉者決定」

8月22日、北九州市は、若松区の響灘地区におけるバイオマス専焼火力発電所設置・運営事業の優先交渉者が、オリックス㈱と㈱MOT総合研究所の2社に決定した事を発表した。

 https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/21949

%e3%82%b5%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%919月 「サニーサイドモールがオープン」

9月14日、JR下曽根駅南口前の複合商業施設「サニーサイドモール小倉」がプレオープンした。

「サニーサイドモール小倉」は、昨年8月末に閉店した「ザ・モール小倉店」の後継となる複合商業施設。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/22026

 

10月 「学研都市の複合商業施設、アクロスプラザ建設へ」

昨年12月25日、北九州市の産業経済局が、北九州学術研究都市・利便施設用地売却に係わる事業予定者を大和ハウス工業㈱北九州支店に決定、スーパー、大型専門店、クリニック、飲食・物販店舗かなる複合商業施設を建設する計画が明らかになっていたが、この程、その建設計画が提示された。

(仮称)アクロスプラザひびきの(A棟)及び(仮称)アクロスプラザひびきの(B棟)の2棟から成る物販店舗が建設される。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/22108

 

 

11月 「小倉・戸畑の地価が24年ぶりに上昇する快挙」

福岡市のある不動産鑑定士曰く「先般の基準地価の発表で、小倉北区と戸畑区の商業地が24年ぶりに上昇に転じたのは、まさに快挙だ」と話す。

小倉南区の商業地も23年ぶりに上昇に転じるなど、これまで下がりっぱなしだった北九州市の土地価格に大きな変化が生じている。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/22239

 

12月 「スペースワールドが来年12月末で閉園」

「スペースワールド」(北九州市八幡東区東田)が、平成29年12月末で閉園する。

新日本八幡製鉄所(現・新日鉄住金八幡製鉄所)の遊休地に平成2年に宇宙をテーマとしたテーマパークとして開園。㈱スペースワールドが運営していた。オープン後、入場者数は増加し年間200万を突破するようになったが、平成10年頃を境に入場者が減少し、収益状況も悪化していた。平成17年7月に加森観光㈱(北海道札幌市)が営業権を取得し、運営を継続していた。11年を経過していたが、本日、来年12月末の閉園が明らかになった。

https://www.areabiz.jp/kitakyushu/archives/22317


▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース