HOME > 地域ニュース > タクシー自動配車スマホアプリ「モタク」が横浜市で運用開始

タクシー自動配車スマホアプリ「モタク」が横浜市で運用開始


第一交通産業グループでは、7月1日(土)より横浜市周辺(125台)においてiPhone及びAndroid対応のスマートフォンからタクシーの自動配車ができる無償アプリ「モタク」の運用を開始します。

モタクは、タクシー呼ぶ際に、これまでのように電話をかけオペレーターに現在地の説明をすることなく、GPSで地図上の現在地を画面上で指定するだけでタクシーが呼べたり、過去の予約履歴やからもタクシー配車ができる。また、日時指定や複数台タクシーを呼ぶことも可能。

平成24年3月1日の北九州市でのサービス開始以来、対応エリアを拡大しており、今回の横浜市を含め国内エリア(5,849台)にまでサービスエリアが拡大されている。

詳しくは、
http://www.daiichi-koutsu.co.jp/group/gaiyou/data/pdf/h29topics/290630motaxyokohama.pdf


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース