HOME > 地域ニュース > サンキュードラッグと第一交通産業が連携 「ママサポート宣言」

サンキュードラッグと第一交通産業が連携 「ママサポート宣言」


9月21日、第一交通産業(株)(福証上場、北九州市小倉北区、田中 亮一郎代表取締役社長)と(株)サンキュードラッグ(北九州市門司区、平野 健二代表取締役社長)は、第一交通産業ビル(北九州市小倉北区馬借2-6-8)にて両社代表が連携協定を締結。地域のママと赤ちゃんが安心して暮らせる地域づくりのお手伝いを主旨とする「ママサポート宣言」に着手した。

第一交通産業(株)は平成25年8月から妊娠中・子育て中(3歳まで)の女性を対象に「ママサポートタクシー」を展開。助産師による研修を受けたドライバーが北九州地区で250人(女性1割)在籍しており、24時間365日、悪天候・繁忙時であっても優先的に配車し、陣痛時はバスタオルや防水シート完備で送客するサービスを提供している。

(株)サンキュードラッグは全国ドラッグストアが参加しているモバイルサイト「ドラポン!」に加盟。「ドラポン!」では赤ちゃん・子育てに関する有益な情報をリアルタイムで発信し、出産・育児用品や日用品、美容グ ッズなどのサンプルや割引クーポンを案内している。また、店舗では(株)サンキュードラ ッグ栄養士による育児相談会を無料で開催しており、赤ちゃんの発育状況の確認、離乳食などのママの悩みを解決するアドバイスを行っている。

独自でサービスを提供してきた両社であるが、今回の連携により、(株)サンキュードラ ッグは紙おむつ、母乳パット、おむつがにおわない袋のサンプルを提供。第一交通産業(株)は「ママサポートタクシー」登録者へ(株)サンキュードラッグから提供されたサンプル、チラシおよびクーポンを同封して進呈する。タクシーによる店舗送迎も行い、相互でサ ービスの宣伝、情報発信に努め、(株)サンキュードラッグは「マリカカード」および「ドラポン!」の会員増加を期待、第一交通産業(株)は「ママサポートタクシー」のサービス価値を高める狙いである。

※東経情報九州版 平成29年9月29日(金)号から抜粋


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース