HOME > 地域ニュース > 第一交通産業と福岡県医師会が協定結ぶ

第一交通産業と福岡県医師会が協定結ぶ


12月12日第一交通産業㈱(北九州市小倉北区、田中亮一郎代表)と福岡県医師会(松田峻一郎会長)は災害時の「JMAT」(日本医師会災害医療チーム)派遣に関する協定を締結。災害時に「JMAT」(日本医師会災害医療チーム)が被災地入りするための交通手段を確保することを目的としたものである。

県外での災害発生時、日本医師会の要請でJMATを編成するが、被災地への移動はタクシー需要が急増するため、レンタカーなどを調達して現地入りすることが多いと言われ、これまで労力と時間を要していたことが課題となっていた。そうした背景から、全国34都道府県に営業拠点を持つ第一交通産業へ協力を要請。今回の協定締結によって、災害の際に最寄の駅、空港から現地入りする場合は第一交通産業のタクシーを優先的に利用し、早急な対応が可能となった。第一交通産業は約9200台の車輌(タクシー、バス)を保有する国内業界トップとして社会貢献にも意欲を見せている。

第一交通産業㈱

北九州市小倉北区馬借2-6-8

093-511-8811


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース