HOME > 地域ニュース > リーガロイヤル小倉、他2棟をアパマンが166億円で売却

リーガロイヤル小倉、他2棟をアパマンが166億円で売却


不動産賃貸大手の「APAMAN」(東京)がリーガロイヤルホテル小倉、あるあるCityなどが入る3棟の不動産を166億円で売却する。売却先は不動産投資信託を展開するユナイテッド・アーバン投資法人(東京)。譲渡日は26日。本物件は小倉駅北口から徒歩2~3分圏内に位置し、あるあるCityは漫画をコンセプトとした商業施設で、アニメファンから高い支持を得ている。リーガロイヤルホテル小倉は地元筆頭格のシティホテル。ホテルを含む28テナントが入居している。リーガロイヤルホテル小倉は「今後も運営に変わりは無く、テナント契約は継続いたします」とコメント。


▶︎ 関連記事