HOME > 地域ニュース > 2018シーズン新体制&ユニフォーム発表会 開催

2018シーズン新体制&ユニフォーム発表会 開催


1月20日、(株)ギラヴァンツ北九州(サッカーチーム・ギラヴァンツ北九州運営、北九州市小倉北区、玉井 行人社長)は、「2018シーズン新体制&新ユニフォーム発表会」を開催した。
1月初めに就任したばかりの玉井 行人社長がサポーターに向けて初めての挨拶。クラブの運営方針を力強く説明した。
今年のチームは、監督・コーチ陣の5名が総入れ替えとなり、更に7名の選手が新加入した。

新ユニフォームの発表会では、1stユニフォーム(ホーム用)と2ndユニフォーム(主にアウェイ用)のフィールドプレイヤー用・ゴールキーパー用、それぞれ2デザイン・2種類ずつの4種類が披露された。
中でもサポーターから歓声が上がったのは2ndユニフォームのデザインについて説明があった時。ユニフォームにちりばめられたドットのうちの一つが海に隣接したスタジアムならではの「海ポチャ※」をイメージし、水しぶきの上がったデザインになっているとアナウンスされた場面だった。

ギラヴァンツ北九州のJ3開幕戦は3月17日(土)。ミクニワールドスタジアム北九州(北九州市小倉北区)にFC琉球を迎えての一戦になる。12月までのJ2昇格に向けた戦いが始まる。

※海ポチャとは・・・平成29年にオープンし、海に面したミクニワールドスタジアム北九州でのみ発生する、蹴ったボールが海に落ちる現象。平成29年は全16試合の開催で3度発生。
海ポチャ第1号は同年6月10日、GK高橋 拓也選手。(クリアしたボールが海ポチャした)

*東経情報九州版 平成30年1月31日(水)号より抜粋


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース