HOME > 地域ニュース > 第2回熊本地震復興支援チャリティプロアマ開催

第2回熊本地震復興支援チャリティプロアマ開催


2月23日、第2回熊本地震復興支援チャリティプロアマが小倉カンツリー倶楽部にて開催された。チャリティーゴルフの発起人は副総理兼財務・金融担当大臣の麻生太郎氏。主催者はテレビでおなじみの北村晴男弁護士(画像左)と㈱ダック技建(北九州市八幡西区、画像右)の徳永明彦代表。

小田孔明選手、北村晃一選手などのシードプロ4名を含めたプロの部は34名、アマの部は101名が参加した。主催者の北村弁護士は「まだ、仮設住宅での生活を強いられている方もおられ、大変な想いをされていると聞いています。来年も徳永社長と共に、復興支援チャリティーを継続していきます。被災者の方は希望を持っていただきたい」とエールを送った。また、同じく主催者である徳永代表は「北村弁護士は東日本大震災の復興ボランティアを続けています。私も出身地である熊本の復興に少しでも力になりたいと思ってます。また、プロゴルファーのため、地元北九州の活性化のためにもチャリティーゴルフは続けていきたい。義援金は被災者が意欲、活力を持てるようなことに使っていただきたいと思います。今回、ご出席していただいた135名の皆様と大会準備に関わった弊社スタッフに感謝いたします」と語った。

その後、表彰式ではプロアマ、団体の順位発表の他、熊本県御船町の藤木正幸町長に義援金約150万円が手渡され、チャリティーゴルフプロアマは盛会のうちに閉会した。以下、プロ、アマの部の上位3名。

(プロの部)優勝 和田章太郎  準優勝 中道洋平  3位 野上貴夫

(アマの部)優勝 白河博之   準優勝 中山竜己  3位 吉田文一

(団体の部)優勝 吉原プロチーム 中山竜己、高山豊、椎野信之、吉原伸次


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース