HOME > 地域ニュース > 第一交通産業グループ~女性が働きやすい環境の向上へ

第一交通産業グループ~女性が働きやすい環境の向上へ


タクシー業界トップの第一交通産業㈱(福証上場、北九州市小倉北区、田中亮一郎代表)は女性の社会進出や職場環境の向上に傾注し、女性乗務員向けに昼間限定の勤務や固定給制度を導入。家事、育児の両立に配慮した対応が評価され、平成28年6月20日には国土交通省から女性タクシー乗務員の働きやすい職場作りに取組む事業所として「女性ドライバー応援企業」の認定を受けている。8月22日には宮崎地区女子会を開催し、女性の働きやすい職場作りについて議論が交わされた。また、これまでには和歌山、北海道、北九州、鹿児島などの各拠点で「女子会」を開催。第一交通産業グループでは今後も女性の職場環境の向上を推進していく。

宮崎地区女子会概要

日時:平成30年8月22日

会場:宮崎市総合体育館大会議室、ニューウェルシティ宮崎

参加者:女性乗務員12名、事務員配車係10名、来賓者は宮崎地区管理職、本社職員

議題:当社志望動機、乗務員の魅力、女性乗務員増員策、改善点、社内の取組事例など

【グループ内での主な取り組み内容】

固定給制の採用、女性専用トイレ・更衣室の設置、昼間限定の勤務設定、完全週休2日制、

二種免許取得費用を全額負担、最新カーナビ搭載、外国人のお客様でも安心の多言語通訳、

企業内保育所の設置などにより子育て世代の職場環境の改善も図っている。


▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース