HOME > 地域ニュース > 第一交通産業~大連、上海に現地法人を設立

第一交通産業~大連、上海に現地法人を設立


12月27日、国内タクシー業界トップの第一交通産業㈱(北九州市小倉北区、田中亮一郎代表)は中華人民共和国にて現地法人2社を設立したことを発表。

大連市には第一交通産業㈱の子会社である第一ベクレルコントロール㈱が100%出資する第伊国際貿易(大連)有限公司を設立した。第伊国際貿易(大連)有限公司は貨物輸出入、化学品販売、食品輸出入などを事業内容とする。

また、上海市には旅行関連及びビジネスコンサルタント事業を主とする大壱通産(上海)商務コンサルタント有限公司を設立した(第一交通産業㈱100%出資)。

日本国内の高齢化、人口減少が進行する中、第一交通産業㈱は将来の経営基盤を強化するため、これまでに中華人民共和国、ミャンマー、インド、大韓民国などの海外での事業展開に傾注。今後のインバンウンド需要の取り込みや「メイド・イン・ジャパン」への魅力向上が見込まれる中で、上記2社の設立に至った。


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース