HOME > プロモーション > 第一交通産業~那覇バスターミナルのサービス拡充

第一交通産業~那覇バスターミナルのサービス拡充


第一交通産業㈱(北九州市小倉北区、田中亮一郎代表)とドローン開発で知られるciRobotics㈱(大分市、小野俊二代表)は音声とタッチパネル操作よる受付対応が可能な「多言語対応・路線バス乗り換え検索ロボット」を開発。3月4日から「那覇バスターミナル1F待合室」に「多言語対応・路線バス乗り換え検索ロボット」を設置し、案内所スタッフとロボットの連携による働き方の効率化とインバウンド対応を強化したことを発表した。

また、同日付で、第一交通産業㈱、モバイルクリエイト㈱、㈱NTTドコモ九州支社の3社はタッチに対応したインタラクティブな多言語AI案内サービス「おしゃべり案内板」を同じく那覇バスターミナル1Fに設置し、実証実験を開始している。「おしゃべり案内板」は、ドコモのAIエージェント基盤を利用し、設置場所に応じてキャラクターと対話シナリオのカスタマイズが可能。「多言語対応・路線バス乗り換え検索ロボット」と同様に、案内スタッフの稼動削減や多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)での案内によるインバウンド対応を支援することが出来る。なお、「おしゃべり案内板」は、ドコモが推進する課題解決型ソリューション「トップガン」(「トップガン」は㈱NTTドコモの登録商標)の一環として取組んでいるものである。

運営会社である那覇バスターミナル㈱(第一交通産業100%出資会社)は、特にアジア圏からの観光客が多く、市内や県外各観光スポットへ移動するための交通拠点となっている。

 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース