HOME > 地域ニュース > 九州初!世界最大級の交通プラットホーム「DiDi」

九州初!世界最大級の交通プラットホーム「DiDi」


6月27日、DiDiモビリティジャパン㈱(東京都港区、Stephen Zhu代表)は中国で普及しているスマートフォン向けのアプリを使ったタクシー配車サービスを福岡県で始めたことを発表した。同サービスの提供は九州初となる。国内業界トップの第一交通産業㈱(北九州市小倉北区、田中亮一郎代表)をはじめ、福岡県のタクシー会社11社と提携し、タクシー配車サービス利用を促進する。また、発表当日は元ソフトバンクホークスの柴原氏が登場し、タクシーのボディに貼られている初回1,000円無料のステッカーを6,000円に上書きする演出で会場を盛り上げた。画像は第一交通産業㈱の田中代表。

北京やメルボルンなど、現在1,000都市以上で提供されている世界最大級の交通プラットフォーム「DiDi」。日本では、大阪を皮切りに東京、京都、兵庫、北海道に今回は福岡を加え、「DiDi」のアプリを使ったタクシーの配車依頼ができるようになった。今回のタクシー配車サービスのイベントとして、「初乗り無料キャンペーン」、「初回利用キャンペーン」、「ソフトバンクホークスとのコラボキャンペーン」などの各種キャンペーンをスタートしている。


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース