HOME > 地域ニュース > 第一交通産業~コロナウイルス対策に着手

第一交通産業~コロナウイルス対策に着手


第一交通産業㈱(北九州市小倉北区、田中亮一郎代表)は、3月1日に曽根営業所(北九州市小倉南区)にて、乗務員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明し、翌2日には直ちにマスコミ各社へ現況と今後の対策を発表した。そうした早急な対応に、福岡ローカルTV局からは【風評被害が懸念される中、勇気ある公表】と称賛を受けている。マスコミ発表では、①当該営業所の2週間の営業停止(乗務員、事務員の自宅待機。健康状態の経過確認)。②感染者と濃厚接触者及び行動歴及び乗車記録の調査。③感染者が乗務した2月21日、22日、24日で利用が特定できた顧客への事情説明。④当該営業所を定期的に利用している顧客には、近隣営業所で対応。⑤営業所内の消毒実施などの対策を講じることが伝えらえた。

 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース