HOME > 地域ニュース > 新生「中津魚市場」順調な船出

新生「中津魚市場」順調な船出


地方卸売市場・行橋魚市場の委託経営を行い、地元(豊前海)で獲れた新鮮な魚介類を販売している行橋水産(株)が、昨年12月28日新たに開設した「中津魚市場」が順調なスタートを切っている。

【地元の切実な思いに応える】

地方卸売市場中津魚市(株)(中津市外馬場2618)は、1843年(天保14年)豊前市宇島で創業、明治元年中津市に移転して以来、豊前海で獲れる生鮮魚介類取引の集積拠点として、長年地元スーパーや鮮魚店へ供給してきた。ところが、流通の多様化など経済環境変化の影響で業績悪化。負債9億円を抱え、平成31年3月29日大分地裁中津支部に破産申請を行い、同日開始決定を受けたことから、中津市及びその周辺地域の鮮魚供給体制に支障が生じていた。

地元の漁業者(漁師)は鮮魚を最も近い行橋魚市場へ運ぶしかなく、同市場での取扱高が急増したが、価格が低下。また中津の仲買人が直接他の市場に参加することはできず、経営に響くという事情もあった。こういう事態に対し、当社は小祝漁港(中津市)にある県漁協中津支店荷捌き場に臨時設置された魚市場に対し、鮮魚輸送用トラックの提供などの支援を行ってきた。

特産「ハモ」など中津産魚介類はやはり地元で水揚げすべきとして、地元漁師、仲買人のみならず、中津市、県漁連、大分県、その他関係者の共通した思いと要請もあった。…詳細は東経情報にて掲載

[会社概要]

社名:行橋水産㈱

本 店:福岡県行橋市大字蓑島470番地

TEL・0930-22-0130

FAX・0930-23-9592

代表取締役:田中 聰樹

創 業 : 昭和26年2月

設 立:昭和26年2月

業 種:生鮮水産物卸売・魚市場委託経営

支 所:中津魚市場(中津市外馬場2618)


▶︎ 関連記事