HOME > 地域ニュース > 北九州テイクアウトマップが好評

北九州テイクアウトマップが好評


新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛要請により、飲食店では日々の営業に支障が出ており、テイクアウトやデリバリーを導入する店舗が増えている。北九州市のITコミュニティ「Code for Kitakyushu」は、そうした飲食店の支援を目的に「北九州テイクアウトマップ」(URL:https://bento-ktq.glideapp.io/)を4月4日にリリース。利用料及び登録料は無料で、北九州市近郊にてお弁当などのテイクアウトや配達が可能な飲食店が数多く掲載されており、地元の人々からはすぐにお店を見つけることができるとあって、好評を得ている。

有志の協力者による開発が進められ、スポンサー企業も続々現れており、地元愛にあふれたサービスとなっている。新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が5月末までに延長が決定し、未だ終息の見通しが立たないなかではあるが、このサービスを活用してどうにか苦難を乗り越えたい。

※注意:このサービスは地元飲食店の継続を支援することを目的としており、あくまで外出や食べ歩きを促進するものではありません。

 

←店舗掲載依頼はアプリ内の投稿フォームより


▶︎ 関連記事