HOME > スタッフブログ > 門司 タワーマンション ミッドエア 家具・家電付きフル装備の商談会開催中 

門司 タワーマンション ミッドエア 家具・家電付きフル装備の商談会開催中 


みくに産業㈱(北九州市小倉北区)が分譲するタワーマンション「門司ミッドエア」(MOJI MID AIR)の棟内販売所を訪問した。同マンションのエクセレントクラスが最終2邸となり、家具・家電付のモデルルーム商談会がこの程開始されている。

門司ミッドエアは、JR門司駅徒歩1分の距離に立つ28階建超高層マンションで、なにより高層階から見渡せる関門海峡の絶景が素晴らしい。(2604号室より関門橋方向を臨む)

案内された地上26階の2604号室は、建築家・矢作昌生(やはぎまさお)氏デザインにより、最終分譲に併せてリニューアルされた部屋で、3LDKを2LDKに変更されたタイプの住居。(住居専有面積115.40㎡)。一般的にマンションの玄関部分は採光が乏しく暗くなりがちであるが、玄関正面部分の壁を「すりガラス」に変更されており、驚く程明るい印象を受けた。

リビングのドアをあけるなり、目の前に関門海峡、門司駅周辺のパノラマが広がる。地上から約100メートル、まるで展望台にいるような風景だ。

矢作氏にアレンジされた上質なインテリア・・・ダイニングセット、ソファ、ベットなどなど洗練された部屋に仕上げられている。エクセレントクラス最終分譲にあたり、矢作昌生氏によりデザインされたこの住居は、「繋がりの住居」というコンセプトのもと、真のくつろぎを追求した天空の隠れ家としてプロデュースされている。(2604号室の価格は、4,940万円)

詳細は 門司ミッドエアホームページを>>>  


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース