HOME > プロモーション > PR 夜間の視認性をソーラー式LED外柵で・・・

PR 夜間の視認性をソーラー式LED外柵で・・・


NABESHIMA管理 の行き届きにくい「ため池」や「河川」は非常に危険な場所。大人からみると危険な場所は、子供たちにとっては格好の遊び場となる。

魚釣りやザリガニ取り、楽しい遊びが、一歩間違えると命に係わる危険な遊びへと変貌してしまう。又、池の外周は夜間になると視認性が一気に低下し、元々境界線の分かりにくい歩道から転落する危険性もぐんと高まる。

㈱ナベシマでは、そういう場所での安全確保のため、LEDナルックスソーラーを組み込んだ「あんぜん柵」の設置を提案している。コンクリート擬木の防護柵「あんぜん柵」は、転落等の事故を未然に防止し、LED照明で夜間でも視認性に優れ安全性が確保できるという。

詳しくはこちらを>>>


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース