HOME > 地域ニュース > コンクリート擬木のリメイクとは・・・

コンクリート擬木のリメイクとは・・・


コンクリート製、プラスチック製、再生木材など様々な素材の擬木(ギボク)がある中、コンクリート製の擬木には、他の素材では真似できない利点があり、補修・塗装によって新品同様に蘇らせる事ができる点である。

㈱ナベシマ(北九州市八幡西区)では、「古くなったから新しいものと交換する」のではなく、「今あるものを生まれ変わらせる」といった再生技術を用い「環境・資源保護」に貢献したい方針を掲げている。

コンクリート構造物は、人と同じように病気になる。病気になれば、それを治療・養生することで、健康回復し、健全な状態を維持でき、 立地環境、施工条件などによって発生したコンクリートの病気に対して、適切な健康回復技術を施し、構造物の内部から健康にしていきたい考えだ。それが「コンクリート擬木のリメイク」である。

リメイクの特徴としては、①施工性、部品を取り外さないから重機も不要で速やかに工事完了。②安全性、現況のまま施工するので、騒音・ホコリ・振動もなく安全。③耐久性、
悪い部分をしっかり治療(補修)をしてから塗装をするので外観は勿論、耐久性も新品同様。 ④経済性、 現状の製品を撤去し、新たに新品に取り替えるよりはるかに経済性。

㈱ナベシマホームページ>>>


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース