HOME > スタッフブログ > 中間市で発砲事件が発生

中間市で発砲事件が発生


1月17日午前5時ころ、福岡県中間市長津の㈱黒瀬建設(北九州市八幡西区)中間支店前の路上でけん銃発砲事件が発生し、同社の黒瀬隆社長が、拳銃のようなもので腹や腕を計3発撃たれたとの報道があり、発砲現場に急行してみた。

発砲事件が発生した中間市長津は中間市中心部南部から遠賀郡水巻町に向かう途中の住宅街。同日午前10時半頃時点では、発砲現場はパトカー等で道路封鎖され、付近を現場検証を行う警察官の他、報道陣も多数取材に集まり、異様な雰囲気であった。

㈱黒瀬建設は、昭和48年5月の設立、平成23年5月期の売上高は9億9,500万円。

※同件の詳細記事は、1月17日発刊の特別情報に掲載。お問い合わせは、東京経済㈱北九州支社 093-521-2581


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース