HOME > 地域ニュース > 門司ミッドエア いよいよのこり3邸へ!

門司ミッドエア いよいよのこり3邸へ!


【PR】 関門海峡の絶景が最大の特色で、特に高層階から見渡す「壮大なパノラマに息を呑む」という表現通りのタワーマンション「門司ミッドエア」(MOJI MID AIR)が、いよいよ残り3戸になった。(平成24年3月5日現在)

28階、27階、26階がそれぞれ1戸づつ。「いずれもミッドエアの中の超高層階住戸のスーべりアクラス。うち2戸は建築家による内装仕上げが施されているお勧めの物件です」と、事業主である「みくに産業㈱」(北九州市小倉北区)の担当者は話す。

門司ミッドエアは、JR門司駅徒歩1分の距離に立つ28階建超高層マンションで、設計は㈱日本設計、施工は鹿島建設㈱。 (写真は、2604号室のリビング)

◇28階 2801号室 専有面積126.04㎡(38.12坪) ◇27階 2701号室 専有面積126.04㎡(38.12坪) ◇26階 2604号室 専有面積115.4㎡(34.90坪)  ※販売

詳細は 門司ミッドエアホームページを>>> 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース