HOME > スタッフブログ > 献血ボランティアで被災地支援

献血ボランティアで被災地支援


4月12日、解体・リサイクル事業を展開する光進工業㈱(北九州市小倉北区西港 細川忠広社長)の事務所にて行われた献血に社員4名で出かけた。

光進工業は、東日本大震災以後、ボランティア活動の一環として献血活動を会社をあげて行っており、今回の献血が3回目。同社事務所で献血の受付を行い、事務所前に配置された献血車にて献血が行われた。この日も、同社社員はもとより、取引先や関係先など約50名がこの取り組みに参加した。

「震災発生直後、全国民の70%がボランティア活動や募金、献血などで震災に関わろうとしていたそうですが、今はそういった関わりをもっている人が7%までに減っているそうです。同じように、献血をされる方も減っているようで血液が不足しているという現実があります。私共は、献血を通して、被災地支援を呼び掛けております」と同社担当者は話す。

光進工業㈱ホームページ>>>


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース