HOME > 地域ニュース > クロスロード魚町 小倉都心に新たな癒しのスポットが・・・

クロスロード魚町 小倉都心に新たな癒しのスポットが・・・


小倉都心に㈱リアルエステートサービス(飯田 敏彦社長)の商業施設「クロスロード魚町」が4月にオープンした。

人が集うにぎわいの拠点となることが期待される施設で、経済産業省から「戦略的中心市街地商業等活性化事業補助金」の認定を受けたケースとしては最大規模という。

建物の2階から9階までが24時間営業の駐車場(242台)で、地域最安値の35分100円(平日8時から20時・最大700円、平日20時から翌8時・最大500円)、駐車スペースは広く車をとめやすいのもうれしい。また、街づくり共通駐車券にも加盟し、井筒屋での利用も可能である。

1階部分は自社運営による「食をテーマ」としたフロアで、小倉初出店の話題の和洋菓子店「シャトレーゼ」をはじめ、四季菜の市「やっぱぁー岡垣」より地域で採れた新鮮な野菜や果物を直送販売する「小倉マルシェ」、焼き立てパンやコーヒーを提供する「ガーデンカフェ」、業務用食材販売の「ココスゴ」が入店している。

ショッピングやビジネスの疲れをいやし飲食もできるくつろぎスペースも用意されている。従来、小倉中心部は駐車場が少なく車利用客の集客が見込めなかったが、同施設は、魚町銀天街アーケードとみかげ通りに面し、井筒屋をはじめ旦過市場など周辺施設へ配慮した動線で、これらの施設への相乗効果も期待できそうだ。

建物は環境に配慮したLED照明を採用、男子トイレには無水トイレを設置、社有車には電気自動車を導入した。今後、太陽光発電システムも採用予定で環境に対する、これらの取り組みは飯田社長の強い理念によるものである。(株)リアルエステートサービスは、平成16年設立と業界では後発であるが、所有収益物件は30棟を超え「クロスロード魚町」が唯一の新築物件という。「物件購入の際、重視してきたのは利回りですが、実際に事業経営をして学んだことも多くあります。人と同じことをやっていても成功はできません」と飯田社長は成功の秘訣(ひけつ)を語る。※写真は、飯田敏彦社長

㈱リアルエステートサービス
〒802-0006 北九州市小倉北区魚町1-4-21 魚町センタービル
TEL 093-551-6420

(株)リアルエステートサービス ホームページ
http://www.oheya-jouhou.com/


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース