HOME > エコ・環境
kitakyu

2014年4月4日

北九州市中小企業省エネ設備導入補助事業開始へ

北九州市では、工場や事業所における更なる省エネルギー対策を推進するため、省エネ設備や新エネ設備を設置する市内の中小企業等に対し、設置費用の一部を補助する事業を、 …[続きを読む▶︎]

2014年3月14日

酸素カプセルから進化した、広々空間の酸素ルーム

福岡市中央区天神に本社を置くオーバーシーズ株式会社。あのメガソーラー事業で話題の芝浦グループホールディングスのグループ企業だ。 新地会長兼CEO自らが効果 …[続きを読む▶︎]

2014年3月6日

原発事故のガレキ処理に有効な「放射線遮蔽コンテナ」開発

第一交通産業グループ(北九州市 田中亮一郎社長)は放射線遮蔽保管・運搬用コンテナなどの製品の販売を開始する。福島第一原発事故における放射線を含むガレキや焼却物の …[続きを読む▶︎]

2014年2月27日

小倉セメント製品工業 新社屋にて営業開始  

コンクリート二次製品メーカーの小倉セメント製品工業㈱(北九州市小倉北区 上田泰博社長)は、本店事務所の老朽化に伴い、本店敷地内に新たに本店社屋を建設、2月10日 …[続きを読む▶︎]

2014年2月21日

風力発電の技術開発・市場動向及び地域企業の参入可能性

公益財団法人北九州産業学術推進機構(FAIS)が主催する第128会産学交流ひびきサロンにおいて「風力発電の技術開発・市場動向及び地域企業の参入可能性」をテーマに …[続きを読む▶︎]

2014年2月21日

総事業費20億、若松に5.7MWのメガソーラー建設へ

東レエンジニアリング(東京都 東レ子会社)とフジプレアム(兵庫県姫路市 東証ジャスダック上場)の合弁会社が、北九州市若松区響町3丁目において総事業費20億円、5 …[続きを読む▶︎]

2013年12月16日

空気を洗う新発想のフローリングが開発

床に降下した菌・カビ・ウィルスを軽減無害化し、生活四代悪臭を大幅に低減させ、アレルギーの原因となるVOC(揮発性有機化合物)を軽減させる画期的な床材が開発された …[続きを読む▶︎]

2013年11月21日

山口FG 環境格付融資制度の取扱開始

山口フィナンシャルグループの北九州銀行(加藤敏雄頭取)、山口銀行(福田浩一頭取)及びもみじ銀行(野坂文雄頭取)は、環境に配慮した経営を行う事業所を金融面から支援 …[続きを読む▶︎]

2013年11月1日

光進工業㈱~第6回目の献血ボランティア

解体工事、土木工事、リサイクル事業を展開する光進工業㈱(小倉北区、細川忠広代表)が献血ボランティアを実施する。東日本大震災を機にスタートした献血ボランティアは今 …[続きを読む▶︎]

2013年10月28日

北九州から全国にエコを発信、ゆるキャラ 「きれいもん」が誕生

㈱れもん(北九州市小倉南区田原新町 小野功社長)のゆるキャラ「きれいもん」が誕生した。 同社は、調剤薬局を母体に女性専用シェービングエステサロン「レモンラ …[続きを読む▶︎]

2013年8月27日

西部ガス 門司区吉志新町にメガソーラー建設へ

8月26日、西部ガスは、北九州市門司区吉志新町におけるメガソーラー建設計画「エネ・シード吉志太陽光発電所」を発表した。発電規模は2.3メガワット。同日着工した。 …[続きを読む▶︎]

2013年7月26日

太陽光パネル設置まで僅か30分の架台が登場 ブイハウス

20年、30年後を考えたエコ架台、土木資材として再利用が可能  ブイハウス(北九州市戸畑区 田中雅顕社長)は、メガソーラー用太陽光発電架台「エコ架台8・10」 …[続きを読む▶︎]

2013年4月30日

変わらない強さを求めて 新たな分野へ一歩前進

小倉セメント製品工業株式会社 東経ビジネス2013春号「新エネルギー特集」より コンクリート二次製品の製造販売を通し、戦後復興と高度成長期を支えてきた、 …[続きを読む▶︎]

2013年4月30日

老舗企業82年目の挑戦が次世代エネルギーの未来をつくる

九州機電株式会社 東経ビジネス2013春号「新エネルギー特集」より 高品質な製品供給と、高度な技術力の提供。創業以来こだわり続けてきた経営思想によって、確か …[続きを読む▶︎]

2013年4月12日

光触媒関連製品工場が北九州若松に完成!

㈱フジコー(北九州市戸畑区中原西2丁目、山本厚生社長)は、北九州市若松区響町1丁目の響灘臨海工業団地で建設を進めていた光触媒関連製品を製造する若松響工場が4月に …[続きを読む▶︎]